読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロを自由にするブログ ~自信を育て、しなやかな自分を創る~

不安に振り回されず、自由に生きる。二度の休職を経験した筆者が考える、心の自由を手に入れ、幸せな人生を歩むための、考え方と行動のヒント集。

理性ベースか、感性ベースか

f:id:yudaism:20150514135348j:plain

自分を知ることは、楽に楽しく生きるうえでとても重要だと思います。

それでいて、自分を知ることは人として生きる目的の一つでもあると思います。

今日は自分を知る観点を一つ、考えてみました。


〈感性ベースか、理性ベースか〉

物事を決めるとき、自分は感性を頼りにするか、理性で判断するか。

これを知っただけで、私は生きるのがさらに楽しくなりました。

理性が強い人は、とことん考えるといい。
「直感でいいと思ったことをすればいいよ」なんてアドバイスされると難しく感じたりします。

逆に感性が強い人は、直感的に物事を決めていくほうがストレスがありません。
誰から批判されようと、思うままに行動していくと良いと思います。

私は理性ベースのタイプなので、何事もとことん理詰めで考えます。

たとえば、仕事を選ぶとき。

自分が求めているのは給与なのか、やりがいなのか、専門性なのか、働きやすさなのか、徹底的に分析して、整理します。

そうしてできた判断基準を満たすと思われる仕事を、求人情報からピックアップしていくわけです。

そして、求人情報から判断できない要素(かつ、自分にとって重要な要素)については、面接で確認するようにします。

中には直感的に仕事を見つけ、行動に移せる人もいると思います。それはそれでいいんです。

ですが、私にはそんな形で理詰めで物事を判断していくのが向いている、ということです。


〈まとめ〉

理性ベースと感性ベース、どちらのタイプが良い悪いではありません。

重要なのは、自分がどちらのタイプなのかを知ることです。

知ることで、自分に合った方法で物事を決められたり、他人と自分の違いを認められたりするようになります。

自分を知るための観点(コツ)は他にもたくさんあります。

それは追々、別の記事で書きたいと思います。

「ココロを自由にするブログ」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。